自分の世界を広げる方法

やりたい事をやる為に日々思うこと、実体験を発信中。

イベントのお知らせ 勉強会@名古屋 挑戦 行動力の磨き方

自分の時間を取り戻す方法

投稿日:

勉強会の内容を一部ブログにアップします!

 

毎月変わる勉強会のテーマ、今月は自分の時間を取り戻すライフハック!でした。

 

 

1ヶ月間、テーマを意識した行動を検証し、得た学びや気づきを参加者同士でシェアしあうアウトプット重視の勉強会を開催していますが、

今回、参加者同士で見つけた時間を増やす共通点がこちら。

 

①自分が使う時間を明らかにする

②1アクションで出来る仕組みを作る

③ルーティーン化する

 

まず行動出来ない代表的な理由として、取り掛かるまでの間に時間がかかり結果、後回しにしてやらなくなってしまうというのがあります。

 

本当にやりたくない事は除いて、一つ一つ億劫になっている事に「自分はどれだけの時間を使っているのか?」明らかにすることが大切

 

毎日やらないといけない事を書き出し、それぞれに一体どのくらい時間をかけているのか?明らかにしてみる。

 

↓毎日やる必要があること↓

 

食器洗い

洗濯

朝、夕飯の支度

掃除

通勤時間

 

。。。などなど

 

自分が必要とする時間が予め分かっておくと良いメリットは、終わりが見えることで着手しやすくなること。

 

ただ漠然と嫌がることに実際どれくらいの時間と労力を必要とするのか?

測ってみて書き出してみると何だそんなもんかと気が楽になったりする。

 

私の場合、家事全般は集中力がない時間に5分きざみで終わらせます笑。

例えば家を出る5分前とか、夕飯を炒めてる間とか笑。

要は自分が必要とする時間を把握し、いつ完了させてしまうのか?ルーティーン化すると良いですね。

 

人はルーティーン化すると考えることなくやるのが当たり前という感覚が身につくのでオススメです。

 

2番目に書いた1アクションでできる仕組み化を作るというのも、自分が簡単に考えなくても出来てしまう環境を作るということ。

例えば、「探す➡︎探す➡︎見つける➡︎手にする➡︎やる」より、「見つける➡︎やる」とワンアクションで出来る物の配置や物を少なく管理しやすくする。

参加者の方はコックピット化と呼んでいたけど笑、自分の時間を取り戻すことは手間を省くこととも言えます。

 

昨日紹介した堀江さんの多動力にも書いてあったけど、大事なのは速度じゃなくてやり方を一工夫してストレスがかからないようにすること。

 

以上、自分の時間を倍にする方法の一部でした。お役に立てたら嬉しいです!

 

過去の勉強会関連記事はこちら

個人が主役の読書会

自分の時間を倍にするライフハック!

 

 

Yoko

 

 

 

 

-イベントのお知らせ, 勉強会@名古屋, 挑戦, 行動力の磨き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

親から引き継ぐ才能

運転中にふと父が言った。   「出る杭は打たれるぞ。」     正直、父には今私がしている活動も転職先の詳しい情報も伝えていない。 余計な心配をさせたくなかったから。 & …

タブーにしてる事をやろう。もっと簡単にする!

最近ブログを通勤電車内で書くのがブーム。笑   「どうしたら毎日ブログ書けるようになるかな」?と 続けられる習慣を考えてたら 毎日することに付け加えてみよう!となり、 ここ数日間、ホテル出勤 …

課題が分かったらチャンス!

できない自分に落ち込む時間があったら、 できる自分になる為に時間を使う。   課題が分かったらチャンス!   だって、それが出来るようになったらまた一歩なりたい自分に前進するから。 …

自分の商品をゼロから作る。新たな試みスタート!

  ↑今日は映画を教材にしたレッスンを作るためにBack to the future パート2を観た! あ〜〜この作品、まさに80年代の名作!!!!!久々観てもストーリーに感動しました。 テ …

やり抜く子供を育てる為に大切なこと

こんばんは。Yokoです。   一昨日から始めたGRIT(やり抜く)シリーズ。 大好きなので今夜も続きます笑。今夜は子育ての観点から見たGRIT力について。   「子供には自分で困 …

Yoko Yamada



アメリカ、オクラホマ州帰りの英語講師。愛知県、愛西市内で幼児〜高校生を対象にした英会話教室を運営、指導しています。なりたい自分になるまでの実体験や気づきを発信しています。