自分の世界を広げる方法

やりたい事をやる為に日々思うこと、実体験を発信中。

私の想い

本音

投稿日:

こんばんわ!Yokoです。

 

5ヶ月間、自分の才能と向き合って今、思うこと。

 

 

そもそも私が才能心理学を学びたかった理由は、才能を見つける理論と技術を学んで自分の人生を生きる人を増やしたいと思ったからでした。

 

そして、受講中の5ヶ月間の間は興味があることをやってみようと2つのことにチャレンジしました。一つは地元名古屋での月一勉強会ともう一つはシングルペアレントで話すイベントの主催。

 

勉強会は学んだことのアウトプットの為に。シングルペアレントの会は何かシングルペアレントの向けのサービスを作るとしたら先ずはリアルな声を聞きたいと思って始めました。

 

やってみて分かったのは、世間のシングルマザーのイメージと私の間にあるギャップ。これが私のやりたいことなのか?という違和感でした。

 

例えば私が普段通りに話すと、

「陽子さんは明るいですね。」

私が仕事の話をすると、

「それは陽子さんだから出来るんですよ・・・」

 

という違和感でした。

 

もちろん全てのシングルマザーの方に言っている訳ではありません。

人それぞれ別れる理由も、経済状態も精神状態も違いますし、それは私が口出しすることではありません。

 

だけど、後ろ向きに捉えられるのがしんどかった。

 

人がどう考えるなんて自由です。それはコントロール出来ないし、しようとしたところでそれはエネルギーの消費になる。

大事なのは今がどうかよりも、これからどうするか?

 

人は自分が経験した範囲内でしか語れないから、私も自分が経験した以外のことを話せる訳ではないけれど、

私はシングルマザー=可哀想とは思わない。

シングルマザー=貧困とも思わない。

 

酷な人に聞こえるかもしれないけど、そんな風に自分を設定することは有り得ません。

だって、私そんな風に生きたくないから。

 

「私は〇〇だから〇〇。」といった世間的な目に合わせて、人任せに生きていたら自分の人生なんて生きれないから。

 

誰かや環境のせいにしている以上幸せになれない。

 

自分がどうしたいか?

どんな私になるのか?

決めてその過程を楽しむ人と一緒にこれからの未来を作りたい。

 

私には助けたいっていう願望はないんだなあ。

辛いこと事もあるかもしれないけど、絶対に乗り越えられると信じてる気持ちの方が大きいから。

 

「これからどうなりたいか?」、「そのために今何をするか?」に感情が動きます。

 

大事なのがどう在りたいか?私に生きる在り方。

 

だからこれから、シングルペアレントに特化するというよりは環境や過去に制限されずに自分の人生を生きていきたい人にフォーカスして活動していきます。

 

整理した今の気持ちを書きたかった。

これからがスタートです。

 

 

Yoko

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-私の想い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジャッジを気づきに変えてみる

最終面接が終わって張り詰めた気がフッと抜けた3日間。     私は興味があるものや目標があるとダーーーーーーーーー!!!!!っと猛突進し、 その時は寝ないでいようが食べないでいよう …

世間に合わせた母親像じゃなく、自分の人生を生きる

タイトルちょっと長いですが笑、今の率直な気持ちを書いてみました。   明日は英語講師としての仕事が始まる初出勤の日です。     三重県の支社で初日の研修に参加して、それ …

期待に応えたい、のは素晴らしいと思うんだけどさあ。。。

自分がやりたくて堪らない事で期待を上回ること、したいよね。     最近、そんな想いで好きなこと(本)だけ書いてますが すこぶる調子が良い。   錯覚かもしれんけど(笑) …

新しいことに挑戦する時、必要なこと

4ヶ月の才能プロファイリング継続セッションを始めてから早1ヶ月と1週間経ちました。   最近、生徒さんとの秘密のFBページが熱い!!!   こんにちは。才能プロファイラーの陽子です …

なりたい自分になるには?

どうしたら良い?   なりたい自分になるには。     「なりたい自分になりたい。」ではなく、 「なりたい自分に私はなる。」と決める。   そこから、自分に生き …

Yoko Yamada



アメリカ、オクラホマ州帰りの英語講師。愛知県、愛西市内で幼児〜高校生を対象にした英会話教室を運営、指導しています。なりたい自分になるまでの実体験や気づきを発信しています。