自分の世界を広げる方法

やりたい事をやる為に日々思うこと、実体験を発信中。

子育て 才能開発 挑戦

圧倒的に能力を伸ばす人の共通点

投稿日:

今日は娘の文化祭を見に行ってきました。

 

親子でも普段の学校生活は見えないから、学校に行くのはいつもワクワク笑

 

友達と楽しそうに過ごしてる姿を見るのが親心にホッとしました。

 

歌を頑張ってる姿も素敵だけど、友達と笑ってる姿を見るのが一番好きだったりします。

 

今日の文化祭では一際目立つ子が2人居て、思わず2人の才能開花の共通点を見入りました。

 

1人はピアノ演奏をした男の子、

もう1人は一学年上の指揮者の男の子。

 

ピアノ演奏が一際目立っていた男の子は以前、授業参観などで見た事はあって、その時は物静かそうな子だな〜って思った大人しそうな子。

 

でも、演奏する姿は普段の物静かなイメージを払拭するくらい力強くて、その表現力と技術に胸を打たれました。

 

ピアノが好きなのが自然と伝わって来る、マインドとスキルの高さ、両方に感動!

 

そして、もう1人突き抜けてた指揮者の男の子。

 

中学生とは思えない表現力とクラスをまとめ上げる指揮の技術に、度肝を抜かれました。

 

自分が普段どんなエネルギーを放出しているか?中学生の圧倒的なパフォーマンスに振り返らせれましたね。

 

そんなシーンを見て、先日読んだ本の一部を思い出しました。

 

 

学校教育は、種類の違うさまざまな種を全部一つの鉢(教室)の中に入れて、それを育てる人(先生)たちが自分なりに最も多く芽がでるだろうと思う方法で育てるようなものです。

 

当然ながら、その育て方が自分に合っているので、グングン才能を発揮する種もあれば、普通の気温や水のやり方や肥料では芽を出すことのできない種だってあります。

 

育て方さえ間違えなければ、すべての種は芽を出し、茎を伸ばし、葉をたくさんつけて、花を咲かせ、たくさんの実をつけるものです。

 

とはいえ、これは学校の先生の責任ではありません。やはり自分に合う育て方は自分で発見するしかないということなのです。

 

 

自分に合う育て方を発見して、自分で育てていくしかない。

 

圧倒的な能力を発揮した2人を見て、自分の好きを素直に受け止め、夢中になって能力を磨いて行ったんだなって感じました。

 

才能は「こうしたい!」と思う素直な感情や欲求からスタートする。

 

自分で見つけて磨いていく人のエネルギーは鳥肌ものですね。伝わります!

 

もっと自分の好きに素直に、真剣に育てていこう。

 

Yoko

 

 

 

 

 

 

 

 

-子育て, 才能開発, 挑戦

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いくつになっても学べるしなやかさを持つ

  作家の喜多川泰さんの手紙屋。   この本をきっかけに、すっかり喜多川さんの染み渡る言葉の虜になった。   Facebookのフォローを始め、今朝見た喜多川さんの投稿が …

軽やかな執念をもつ、大事なのは矛先

軽やかな執念を持つ。   今を否定するでもなく、自分へのダメ出しを一切止めて、「どうしたらもっと自分が行きたい世界に行けるだろうか?」と考えた時、やっぱり欠かせないのはやり続ける執念だと思う …

自分の才能、知っていますか?

才能と聞いてあなたは何を想像しますか?     特別な人が持つスキル。 芸術的なセンス。 生まれ持った能力。   多くの人が「才能ある人=特別な限られた人」と捉えているか …

新しい働き方への挑戦

  今日は予てから楽しみにしていた名古屋市内のコワーキングオフィスの内覧に行って来ました!   利用目的は今準備中の自分の才能を見つけるプロファイリング活動のため。   …

夢中になっていたら大発見した件①

こんばんは。Yokoです。   シングルペアレント向けの活動と受講中の才能心理学の勉強が楽しくて、最近の悩みと言えば眠れないことです笑。   才能心理学の講座でも習うのですが、 「 …

Yoko Yamada



アメリカ、オクラホマ州帰りの英語講師。愛知県、愛西市内で幼児〜高校生を対象にした英会話教室を運営、指導しています。なりたい自分になるまでの実体験や気づきを発信しています。