やりたい事をやる人生。

やりたい事をやる為に日々思うこと、実体験を発信中。

偉人から学ぶ才能開花 挑戦

2017年ハーバード大学卒業式スピーチから学ぶ!偉大な成功は「失敗する自由」から生まれる

投稿日:

前回の記事

Facebook創立者マーク・ザッカーバーグから学ぶ!子供の才能を引き出す親の5つの共通点

を機に、すっかりマーク・ザックバーグに関する記事が気になるようになりました笑

 

今回のブログには号泣したマーク・ザッカーバーグの2017年母校ハーバード大学卒業式スピーチを紹介します。

 

 

ザックバーグ氏はスピーチにて目的意識を持つことの重要性を説いています。

 

以下、スピーチから抜粋しますね。

 

これからの時代に求められることは「誰もが」目的意識を持っている世界を創りだすこと。

 

「目的」というのは、僕らが自分以上に大きい何かの一部であると感じ、必要とされ、率先して役に立ちたいと思える感覚のことを指します。「目的」は本当の幸福感を創り出すのです。

 

僕らの両親が卒業した時、目的意識は仕事や教会、所属するコミュニティが与えてくれました。

 

しかし今はテクノロジーと自動化技術の発展で多くの仕事を消し去り、コミュニティの所属も減ってきています。多くの人が疎外感を感じ、憂鬱な気分になっている。そして、その空白感をなんとか埋めたいと思っている。

 

社会を前に進め続けるための僕ら世代の課題とは、「新しい仕事だけでなく、新しい目的意識も創り出す」ということ。

 

そのためには大きくて意味のあるプロジェクトに取り組むことが重要です。こんな話をすると、あなたは不安に思うかもしれません。「自分にも出来るのだろうか?」って。

 

ですが、誰も始めた時は知らないんです。

 

アイディアはいきなり完成形でやってきたりしない。

取り組んでいるうちに、だんだんクリアになってくる。

 

だから、とにかく先ずは「始めましょう」

 

「閃いた!」という一瞬があるというのはキケンな嘘です。

その嘘はアイディアの種を持つ人々がそれを育てることを妨げる。僕にはそんな瞬間はなかったので、居心地の悪い気持ちになります。

 

理想主義である事自体は良いことです。

しかし誤解しないようにしてください。

 

大きな目標を向かっている全ての人は狂人扱いされます。

たとえ最後には正しいとわかっても。

 

複雑な課題に向かっている全ての人が「あなたがやっていることを完璧に理解できない」と責められます。

 

先陣を切る全ての人が「急ぎすぎだ」と非難されます。

なぜなら、いつだって、もっとゆっくりさせたい人たちがいるからです。

 

僕らの社会ではミスを恐れるあまり、何もせずにいたら全てがダメになってしまうことから目を背き、結局大きなことに取り組まない。

 

確かに何をやっていても、それなりに問題は起きます。

だけど、だからと言って「始める」ことを辞めるべきではないんです。

 

 

J・K・ローリングはハリー・ポッターを出版するまでに12回も断られました。

BeyonceだってHaloをリリースするまで何百曲も作っているんです。

 

偉大な成功は「失敗する自由」から生まれます。

 

誰もがミスをします。

だからこそ僕らには塞ぎ込んだり、非難したりすることのない社会が必要です。

そして、テクノロジーは変化し続けるので、私たちは生涯に渡って継続的な学習に取り組むことが必要とされます。

 

これからはGDPのような経済指標だけで測るのではなく、どれだけ多くの人が意味を見出せる役割に就ているのか?という指標で進歩を測る社会にしなければなりません。

 

 

テクノロジーの進化で当たり前のように与えられていたものがどんどん置き換わり、気軽に入る情報が増えすぎ、目的意識を見失ったまま伸び続ける寿命を迎える時代がさしかかっています。

 

ザックバーク氏は夫妻で学生や起業支援を行う財団を立ち上げ、誰もが安心して自分の目的意識を見い出し、挑戦できる社会の創造を目指していることを知りとても感動しました。

 

私も自分の人生をかけて人々が目的意識と固有の才能を活かして生きる社会の創造に向かいます。

 

今回は特にシェアしたかった箇所だけ書き起こしているので是非スピーチの全容を多くの方に見ていただけたら嬉しいです!

マーク・ザックバーク スピーチ2017年ハーバード大学卒業式スピーチ(日本語訳)

 

【募集中メニュー】自分の才能の源泉を見つける才能プロファイリング体験会(2時間)

※過去の受講者の感想はこちらから。

 

Yoko

 

 

 

 

-偉人から学ぶ才能開花, 挑戦

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なりたい職業は自分で作るという提案

  自分の人生は自分で作る。 言葉にするのはシンプルだけど、実現するにはブレない自分が必要。   昨日ブログで紹介した髙橋ナナさんの眩しく輝く私になる方法にこう書いてありました。 …

第1回#個人が主役の読書会主催します!

こんばんは。Yokoです。   連日シングルペアレント向けのソーシャルマンションに関する情報提供と応援メッセージありがとうございます。シングル、子供の有無を問わず声を掛けて頂けとても嬉しいで …

2017年後半、実現したいことを書き出す

こんばんは。Yokoです。   前回の記事では先に何を選択するかが大切だと書きました。 ⇨人生は選択の連続、何を選択するか先に決めよう!   今回は早速私も2017年後半に実現した …

恥ずかしい裏には価値がある

最近ようやくのようやく着手したことがあります。   5か月間学んだ才能心理学講座を修了して早3週間。 最終日には「この5か月間通して学んだ自分の才能を活かして今後何をしていくのか?」 &nb …

新しい働き方への挑戦

  今日は予てから楽しみにしていた名古屋市内のコワーキングオフィスの内覧に行って来ました!   利用目的は今準備中の自分の才能を見つけるプロファイリング活動のため。   …

Yoko Yamada



アメリカオクラホマ州帰りの英語講師。幼児〜高校生を対象に英会話教室を運営、指導。女性性を開花する布ナプキン、プティラドゥのオンラインショップdearcaraを運営しています。人生を創る喜び、実体験や本からの気づき、学びを発信しています。