やりたい事をやる人生。

やりたい事をやる為に日々思うこと、実体験を発信中。

才能開発

異才発掘プロジェクトから学ぶ!才能を開花する前に知っておきたいこと

投稿日:2017年12月2日 更新日:

今年学んだ一般社団法人、才能心理学協会発信の記事に心打たれました。

君に友だちはいらない

 

東大の異才発掘プロジェクト ROCKET 、ご存知ですか?

 

 

異才発掘プロジェクトとは突出した能力をもっているものの、現状の教育環境に馴染めず不登校傾向にある小・中学生を選抜し、東大関係者が学習サポートをするプロジェクト。

 

記事の中に紹介されたプロジェクトを率いる東大の中邑賢龍教授のコメントに感動しました。

 

「この子たちに友だちはいらない」

「才能を発揮すれば企業から声がかかる」
「その時、仲間に出会えるから、思う存分、好きなことに没頭すればいい」
「僕たちにできるのは、それを支援することだけ」
「教えることは何もない」

 

記事の中で才能心理学協会理事長の北端先生はこう書かれています。

 

才能開花するまでは孤独です。

ユニークであればあるほど、既存のシステムにはおさまらず、理解者にもなかなか出会えない。

けれど、その孤独の先に、真の理解者や仲間がいる。 その景色を見失わなければ、前を向いて歩いていけると思います。

 

「自分の秘密」を書いた時、世界中の偉人を調べました。彼らは今でこそ「すごい人」。 でも、才能開花する前は変人扱いでした。才能を活かしきれずにもがいているときは、あなたも変人扱いされているかもしれません。

 

才能心理学のメンバーにはそういう人が多いですが(笑)、私は彼らを見ていると、愛おしくなります。枠にはまらない自分を殺さずに、活躍できる場所を見つけた人に出会うと、尊敬の念が湧いてきます。

 

 

今年の3月から7月にかけて学んだ才能心理学。

なぜ受講したのかをよく聞かれるのですが、その理由は一つ。

「小さい頃から人にはそれぞれの才能が絶対あると信じていたから。と同時にその見つけ方はなんとなくの感覚でしか分からなかったから、それを自分の目で確かめたかった。」

 

 

 

子どもの頃、両親が自営業で家を空かすことが多かったので私は幼少期の大半を妹と過ごしました。

 

両親がいないことを良いことに笑、新しい遊びを思いついては試し、広告の裏紙に絵を夢中になって書いたり、やりたいことを自由にのびのびやって過ごしていました。

 

だけど、小学校の中学年に上がる頃、なんとなく「自分の好きなことをすると浮くな。。。」という感覚を覚えました。

 

中学年って丁度男子・女子グループに分かれる時期なんですよね笑

私はその女子団体でつるむというのが苦手だった苦笑

 

だから、興味のない話に合わせたり、なんとなく馴れ合いで毎日同じ子たちと集団行動するのが嫌だったから、最終的には一人でも良いから放課後は図書館で過ごすことを選びました。その時に夢中だったのが漫画の歴史を読む、偉人の生涯を片っ端から読むことでした。

 

学校に馴染めなかった私が居心地の良さを求めた先が偉人の歴史だったんですね。

 

その他大勢の人と違うことをするとき、今までと違うことをするとき、人は浮きます。場合によってはそのとき離れていく人もいます。

 

それが起こる時、正直孤独です。

なんだか自分を否定されたような気分になり、どうしたら良いか分からなくなってしまう時もあります。

 

でも、中邑賢龍教授のコメントにあったように

「才能を発揮すれば企業から声がかかる」
「その時、仲間に出会えるから、思う存分、好きなことに没頭すればいい」

 

自分のどうしても抑えきれない才能を使って生きると決めた時、必要とされる企業、心から合う友人たちに出会える。

 

 

どうしたら良いか解らず周りに合わせてきた過去の自分と、才能を使って生きる人生を歩むと決めた自分を比べる今、まさにそれを実感します。

 

私がやりたいのは人々がそれぞれの才能を活かして生きる世界の創造。

一度の人生、自分の才能を使って生きる人を募集しています!

 

 

【募集中のメニュー】自分の才能を知る!才能プロファイリング体験ワークショップ案内はこちらから。

Yoko

 

 

 

-才能開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分の信じた道を生きる

自分がどんな働き方、仕事をしたいか考えると真っ先に思いつくのが私の父。   父は無口で不器用な人で、娘の私と妹に向き合って話すタイプではなくて。   本人から聞いた訳ではないけれど …

自分の時間を作り出す手帳術④

おはようございます。Yokoです。   数回に分けてお送りしている私の手帳術。 ※前回までの記事はこちらから↓ 自分の時間を作り出す手帳術① 自分の時間を作り出す手帳術② 自分の時間を作り出 …

ノーと言われるのはそこが居場所じゃないから。

卒業した才能心理学のメルマガを読んで1年前の自分を思い出しました。     だいぶ字が小さくて読みにくいので(笑)本文から抜粋します。   丁度、受講生の募集中で私の体験 …

自分と他人を比べるなんて、つまらない

才能も個性も美しさも、しょっちゅう人と比べられる仕事をしてきた。   昨日見たテレビ番組に出演していた黒柳徹子さんの話が深かった。   服飾専門学校に通う生徒の悩みに答えるコーナー …

ゆるミニマリストのすすめ

おはようございます。Yokoです。   いよいよ今日からGWも後半。社会人生活12年目を迎える私ですが、GW休みというのは12年目にして今年が初です笑。   子供と一緒に休めるって …

Yoko Yamada



アメリカオクラホマ州帰りの英語講師。幼児〜高校生を対象に英会話教室を運営、指導。女性性を開花する布ナプキン、プティラドゥのオンラインショップdearcaraを運営しています。人生を創る喜び、実体験や本からの気づき、学びを発信しています。