才能を活かして豊かに生きる

〜あなたの才能の源泉を開花する☆才能プロファイラー英語講師、陽子のブログ〜

才能を活かす習慣

“余白”が人の魅力を育てる

投稿日:

ノートと手帳生活を続けていて、つくづく大切だなーと実感するポイント

 

 

①:実際の行動を記録し、

②:①に対して必要であれば、すぐ行動を起こし、

③:②の結果を振り返ってまた記録し、

④:自分のペース(勝手にできてしまう時間帯や方法)を知り、

⑤:①〜④を踏まえて新しい習慣をリストアップし、また①〜繰り返すこと。

 

新しい自分になっていくのにこの反復習慣が大切。

 

今の自分を受け入れずに(または否定し)行動しても、満足度はあがらない。

今の自分がどんなに望んでなかった自分だったとしても、

今の自分は過去の自分が作った「結果」だから。

 

それを見ずして未来だけ見てたら、同じことを繰り返す可能性大。

 

どんなに嫌でも辛くても、

その感情の幅が大きいほど、それは行動力のパワーに変えられる。

才能を活かしている人もこの感情の熱量を行動力に変えてきた人たちです。

 

 

日常的に自分の感情の動きを知る為にも可視化は効果的。

iPhoneやPCより、ノートが断然オススメです。

 

iPhoneやPCって、どうしても早くうちたくなるから、

紙に書く方が自然と自分の感情に向き合えます。

不思議と自分が他人を見るかのように俯瞰しやすいんですね。

 

「ああ、今日はこんなことが嬉しかったなー。」とか

「今日はこれが嫌だったんだ。。」とか、

自分の感じたことを感じたまま書くと、「どうして?」って自分に何段階にも深く聴けます。

 

これは今の自分を見ないキツキツのスケジュールではできない。

 

ノートでも学びでも人間関係でも、すぐに結果を求めるより

自分の感じるスペース、

向き合うスペース、

新しい知識・人間関係を入れるスペースといった余白がその人を変化させ、人を魅力的にさせる。

 

 

余白は自分をもっと変化させていける時間

人の余韻に残る時間

 

会うたびにドキッとするのはそんな人です。

 

自分に向き合う時間を是非体感しに来てください。

才能の源泉を見つける才能プロファイリング

 

Yoko

 

 

 

 

 

 

 

-才能を活かす習慣

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「何も続かない。。」と思っている時にやること②《才能を活かし続ける秘訣》

人に「これやってから、やっていいよ」と言われると癪に触るけどw 自分で「このお楽しみを早くやりたい!」って思うと困難なこともできる。そんな経験ってありませんか?   今回は前回「何も続かない …

「何も続かない。。」と思ってる時にやること①《才能を活かし続ける秘訣》

最近ハマっていることがありまして。   まだ実験中なのですが、続ける習慣作りにチャレンジしています。   私は自分の才能を才能心理学とプロファイリングを学んで知り、 そこから行動の …

《才能を活かし続ける習慣③》時間の中身を変えてみる

「これをしよう!」と決めた目標が習慣化できない時、 オススメなのが時間の中身を変えてみるです。     昨年末に朝6時に起きてブログを書こうと試みた2週間、   全滅した …

Yoko Yamada


英語講師&一般社団法人才能心理学協会認定才能プロファイラー。

「人にはそれぞれ持って生まれた魅力と才能がある。」をモットーに自分の人生を生きる人に向けた才能の源泉を見つける才能プロファイリング、語学レッスンを名古屋で主催しています。

プライベートでは一児のシングルマザー。自分に生きる喜び、才能開花に関する学びと実体験を綴っています。