理想の自分の作り方

最初は100点より3点がいい〜スイッチが入った言葉〜

投稿日:

 

今回は大好きなひすいこたろうさん、菅野一勢さん、柳田厚志さん著書、世界一ふざけた夢の叶え方から、やる気スイッチが入った言葉です。

 

最初は100点より3点がいい。

 

いきなり処女作の3秒でハッピーになる名言セラピーがべストセラーになった天才コピーライターのひすいこたろうさんは作家デビューする前は通販会社の営業だったそう。

 

もともと人見知りで赤面症だったため、毎日取引先や見込み客に足を運んで話すのが嫌で、配属された当初は「もっとも嫌な仕事に就いた」、と思ったらしい。

 

でも、売れる通販カタログは対面なしの文字だけで1ページで3000万〜4000万の売上を上げる事実を知ってから、

 

「文字で伝えるなら自分にも出来そう」って、そこから文章を学び始めて「人の心に届く本を作りたい」って思うようになって、

本を出したいけど何をしたか分からない時期に菅野さんにこう言われたそう。

 

↓↓↓

 

「ひすいさん、本出したいんでしょ?

 

だったらブログとかメルマガで、もう書いちゃえばいい。

 

すると見ている人から徐々に反応があるから、それを受けて試行錯誤して自分のスタイルをきずけばいいんスよ。

 

実際にやってみて反応を受けてスタイルを作っていく。

 

絶対、頭だけで考えない。

それが5分後にできちゃうのがいまのネットなんスよ。」

 

本を読みながら、そんな風に作家になる夢を実現したひすいさんのエピソードにワクワクした!

 

そして、ある〝ひすいさんの言葉〟にやる気がみなぎった!

 

それが、

 

「僕らは最初から100点満点を目指しがちです。

でも、最初は3点でもいいんです。

いや、むしろ3点のほうがいい。

 

だって、最初の点数が低いほど、点数が上がっていく喜びが伴いますからね。

 

 

私の場合、毎日更新したいと思ったブログ。

 

続けたいと思ったのは自分が感じてることを誰かと分かち合ったり、

自分の夢を実現するまでの過程を未来の自分と、同じように夢を追っている誰かと共有したいから。

 

今の自分を発信することで、誰かの励みや刺激になれたら嬉しい、そうなりたい。と思ってる。

 

昨日は映画から帰った後、リラックスしすぎてそのまま寝ちゃったからブログ書かなかったけど、笑

ブログを書く習慣をつけたいがために日付を編集して今朝、2記事更新した。笑

 

それくらい、今の私は感じたことを文字にする力を磨きたがってる。

 

3点から気楽にいこう。

100点の景色を楽しみながら、

試行錯誤しながら自分のスタイルを築くプロセスを楽しんでいこう。

 

自分のなかにある、「やれる力」に会いに行こう。

 

 

 

 

 

 

 

-理想の自分の作り方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

うっとりした世界に身を包む

今日買ってみたモスバーガーのラベンダーレモネード。   この色にうっとりした。 ラベンダーの香りはしないけど、色がラベンダーだからこのネーミングになったのかな?   味は今の季節に …

結果はどっちでも良いと委ねてみる

  先日失くしたと思ってたピアスのパーツが見つかった!!   朝からめっちゃ嬉しい。 このピアスのパーツ、一昨日失くして気にしてたんです。 昔勤めてた会社のスタッフの方が手作りで作 …

週に一度のセルフコーチング〜気になるものを投げてみる!②〜

前回の記事に引き続き、 週に一度のセルフコーチング〜気になるものを投げてみる①!〜 今回はセルフコーチング後の新たな発見について書きます。   今朝、私が振り返ったテーマは、 今から1年後、 …

なりたい自分になる許可を出す

今日は自教室以外でのレッスンday。   あ゛〜〜〜〜楽しかった!!!!!   帰り道、ふとこんな会話を頭の中でしました。   弱気な私: こんなに楽しくていいのかな? …

1番たくさん回数を重ねていることが「自分らしさ」

読み終わってからも、何度も読み返す本があります。   その1つがベストセラー作家の中谷彰宏さんの人とは違う生き方をしよう。自分の強みを見つける50の方法     自分らし …

Yoko Yamada


英語講師&一般社団法人才能心理学協会認定才能プロファイラー。

アメリカオクラホマ州帰りの英語講師。幼児〜高校生を対象に英会話教室を運営、指導しています。その他、読書活動、才能を見つけるプロファイリングを提供。本や実体験からの気づきや学びを更新中。ビジョンは「自分の才能を活かして自分の足で人生を切り拓く子供達の人財育成」

プライベートでは一児のシングルマザー。自分に生きる喜び、才能開花に関する学びと実体験を綴っています。