やりたい事をやる人生。

やりたい事をやる為に日々思うこと、実体験を発信中。

才能開発

子供の能力を伸ばす2ステップ

投稿日:

昨日のレッスン、本当楽しかった!!!

 

いきなりの始まりですが、

昨日のレッスンが本当に楽しかったんです!笑

 

何が楽しかったって、やっぱり生徒たちの変化や成長する姿を目の当たりにするのが講師の最大の喜びですね。

 

もうすぐ私が運営する英会話教室では年に2回の任意で受検する検定試験があるんですが

 

今から6ヶ月前は「無理〜」「やっても意味ない」「やりたくない」「面倒くさい」など、試験自体に否定的な生徒も多かったんですが

 

昨日検定の声をかけたら「やる!」と自らいう生徒が多くて、

心の中で涙が出そうなくらい「この半年の間で成長したな〜」と生徒たちの姿を見て嬉しかった。涙

 

今日はそんな子供を伸ばす方法について、

偶然にも私の転職のきっかけになった才能心理学協会理事長の北端先生が書いた子供を伸ばす教育に関する記事を見つけたので、今日はそちらも紹介しながら書きたいと思います!

 

 

私は今、幼児から高校生までの学生を中心に毎月100名ほどの生徒に英会話と文法を教えています。

 

年齢に応じて、それぞれの興味や適した指導方法はありますが、面白いもので子どものタイプは大きく分けて2つある事が分かりました。

 

1つは、分からない事に対して「もっと出来るようになるにはどうしたら良いかな?」と分からないことは分かったらもっと楽しくなる、面白くなると捉え、自ら答えを探しに行くタイプ(ここではAタイプとしましょう)。

もう1つは、分からない事に対して「分からない、自分には出来ない」と分からない、出来ないことが増えると萎縮し、意欲を無くしてしまうタイプ(Bタイプ)。

 

最初は同じレベルでも、その捉え方の違いでレッスン中の意欲や家庭での学習量、しいては成績にも差が出てきます。

 

こう話すと、親御さんの中には「じゃあうちの子もAタイプにさせるにはどうしたら良いですか?」と聞かれるのですが、

大事なのはAかBのどちらが優位かを考えるのではなく

 

それぞれのタイプを伸ばす指導をして、最終的には生徒自身が自分の課題を自ら見出し、自分の頭で考え、どう課題をクリアしていくのか?「自己学習能力」と「自分なら出来る!」と信じる力を身につけさせていく事が教育が目指すところだと私は思います。

 

この2つのタイプを伸ばす秘訣について、先に紹介した北端先生の「子どもを伸ばす2ステップ教育」がとても分かりやすいので本文から抜粋します↓

 

Aタイプの子供たちは自発的に学ぶので、教師の役割は概ね次の2つ。

1)わからないことがあれば調べる方法やできる方法を思いつく質問を投げかける

Aタイプの子供たちは自分でやりたいという意欲が強いので、大人が代わりにやったり、答えを教えると、興ざめします。

ですから、「自分で答えを見つけてやり遂げた!」経験ができるように調べる方法を教えたり、答えを見つけられる質問をするのが効果的です。

 

2)ワンランク上の世界を見せる

Aタイプの子供たちがレベルアップしてくると、課題を簡単に解けるようになります。すると退屈してモチベーションが下がります。(笑)←大共感(笑)

子供でも大人でも能力のある人がやる気を失うのは、取り組むに値するレベルの高い課題がなくなってしまうからです。

そんな時、彼らのモチベーションを刺激するのは、より高い目標です。

スポーツでも音楽でも大会やコンクールがあるのは、「まだまだ、こんな世界があるんだよ」とワクワクするワンランク上の世界を見せること。

そうすれば、「あそこまで行きたい!」と新たな目標を見つけ、モチベーションが湧いてくるからです。

 

タイプBの子供たちは、わからない・できないことが増えたせいで、モチベーションが下がってしまい、結果、知識や実力低下につながっています。

そこでまず必要なのは、「絶対わかる!」、「絶対できる!」と励ますこと。

子供たちをモチベートしながら、基礎からもう一度教えて、1つ1つ理解させ、「わかった!」「できた!」という成功体験をさせるのが一番効果的です。

子供たちを見ていて痛感するのは、人はできることを好きになり、できないことを嫌いになるということです。

できる自分は誇らしいですが、できない自分は情けなく感じてしまうもの。だからこそ、できるように教え、サポートしてあげれば、自信につながり、「もっとできる自分」になりたくなる。

そのレベルに達すれば、Bタイプの子供たちは自発的に学び始めるAタイプに変わります。

 

 

この記事、子育て中の全ての親御さんに読んでほしい。泣

 

繰り返しますがAとB、どちらのタイプが良い、悪いではなく、

こどもの性格や適性をまわりに居る大人たちが理解し、その子に合わせた能力開発をする指導と声かけが大事なんですね。

 

子供の教育に携わる人、子育て中の方はもちろん。大人にも当てはまる教育記事です。

是非、本文も読んでみてください!↓

子どもを伸ばす教育2ステップ

 

俄然、私は燃えました(笑)

もっと教室良くしていきます!!

 

 

 

 

 

-才能開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人生は選択の連続、何を選択するか先に決めよう!

おはようございます。     今日から早起き習慣再開しました。普段家事のことに費やしていた朝でしたが、更に1時間早く起きてブログを1日に2回更新、アウトプットの1時間を増やすために …

才能の源泉に沿って働く、それはお得な世界に行くこと!

最近、英語講師の仕事が   めっちゃ楽しい!!!!!   イメージ画像笑   学生の英語指導を始めてから、公私ともに学生さん、親御さんと話す機会が増え、   & …

自分の成功パターンと失敗パターンを知る

前回は私の仕事に対する思いに影響力を与えてくれた父について書きました。 ⇨自分の信じた道を生きる   今回は会社員として生きる私の考えについて。   「大企業に就職すれば安泰。」と …

夢中になっていたら大発見した件②

前回までの記事「夢中になっていたら大発見した件①」に続いて、 今回は私の3つの質問結果と今の活動について書きます。     北端先生:「陽子ちゃんはアレやな。」 私:(心の声)「や …

やり抜く力は育つのか?

やり抜く力はどうしたら育つのか?   今年に入って一番のオススメ本が以前読書会でも紹介した、Angela Duckworth著書、GRITやり抜く力です。   この本を初めて目にし …

Yoko Yamada



アメリカオクラホマ州帰りの英語講師。幼児〜高校生を対象に英会話教室を運営、指導。女性性を開花する布ナプキン、プティラドゥのオンラインショップdearcaraを運営しています。人生を創る喜び、実体験や本からの気づき、学びを発信しています。