自分の世界を広げる方法

やりたい事をやる為に日々思うこと、実体験を発信中。

自然体な私になる方法

いちいち嫌なものを増やす努力をやめよう。

投稿日:

 

お休みの夕飯に豚肉のフライを作りました。

断面図はないけど、しそと梅干し、チーズが巻いてあります。笑

 

 

休みの日のごはんは自然と揚げ物が多くなる。

普段夕飯の時間はレッスンなので、お家ごはんは揚げ物率高めです。笑

 

 

もう一品、おかずに玉こんにゃくを作った!

テカテカでかわゆい。笑

 

 

平日休みの仕事をしていた時、料理が好きでした。

一時期、料理で起業したい!とも思った。

 

 

だけど、

講師の仕事を始めてから

料理が嫌で嫌で仕方なかった。

 

 

もう、ただただ何を作ろうか献立を考えたり、

娘が残さないために何作ろう・・・とか、

作り置きごはんのレパートリーが少なくて、いっつも苦痛だった。

 

 

だけど、

今日の料理はすっごく楽しくて、

なんでかな〜って、玉こんにゃく煮詰めながら考えてました。

again.↓笑

 

そして、理由がわかった。

 

 

私は夜働く仕事(講師)を始めて、

『料理嫌い』って思ってたけど、

嫌いなのは「料理」でなく、

「時間をせかされて作る」のが嫌いなだけだった。

 

 

毎朝、

家のことして〜

したいことして〜

ってやってると、

いつの間にか家を出なきゃいけない時間になってて、

教室に向かう時間までにセカセカごはんを作るのが苦痛だった!

 

 

せかされるのが超嫌いなだけで、

料理が嫌いなわけではなかった。

 

 

こんな風に

必要以上に嫌い、苦手だと思ってることってありませんか?

 

 

例えば、

「料理が嫌だな〜」と思ってるけど

嫌いなのは「料理」でなく、

「お金を使わないように献立を考えるのが嫌なこと」だったり。

 

苦手な人の苦手なところばかり見つけようとすると嫌になるけど、

「なんでこの人のこと苦手に感じるんだろう?」って思うと

ちょっと冷静に考えれるようになる。

 

 

こんな風に私たちって

疲れることにエネルギーを注ぎがちなのかもしれない。

 

 

いちいち嫌いなもの自分で増やす努力やめよう、って

思った休日のごはん作りでした。笑

 

 

-自然体な私になる方法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「快適さ」を求めていこう

今回は引っ越しネタから1記事書いてみます。     先の記事にも書きましたが、先月末に引っ越しました。 【ご報告】この1ヶ月間の進捗状況 あ、前住んでたところから車で20分のところ …

久々のイライラ!は私の望みを気づかせてくれるお宝だった。

今日、苦手な人と出会って 自分の器、ちっさー!!!って感じた。     私は、なんでそうしないの? こうに決まってんじゃん!と 決めつけ発言をする人がとても苦手。   & …

自分とのパートナーシップがみるみる良くなる。欠点は武器、愛になる。

昨日こんな記事を書いたんですが↓ 久々のイライラ!は私の望みを気づかせてくれるお宝だった。     自分の、 こんなところがダメだ〜 うまくできない〜って   &nbsp …

自分が愛おしいなと感じた瞬間

  今週は読み終えた本を何冊か読み返していました。     若干、中谷彰宏先生の本が多め。笑 言葉に力があるのが好きです。     先週までスケジュー …

変なことにこだわるな、こだわりの先を見よ。

  有言実行! 飲みたかったソイサクラミルクラテの ホイップ多めを買いに行きました。笑   一緒にサクラドーナツも購入。 美味しそうに撮れて嬉しい♡ 笑     …

Yoko Yamada



アメリカオクラホマ州帰りの英語講師。愛知県、愛西市内で幼児〜高校生を対象にした英会話教室を運営、指導しています。自分の可能性と世界を広げる英語教育の場を作るため奔走中。夢の実現に向けて実体験や気づきを発信しています。