やりたい事をやる人生。

やりたい事をやる為に日々思うこと、実体験を発信中。

オススメの本

ピカソの言葉に痺れた!お金は罪悪感のない人に流れる法則。

投稿日:2019年10月2日 更新日:

今日は最近読み終えたこの本について。

 

 

椎原崇さんの幸せのプログラミング

 

 

 

前作のカバーページを飾っていたキャラクターにつられ、2冊目も購入。笑

 

 

1冊目がこちら↓

 

 

読んだ中で一番印象に残った箇所を書きますね。

 

 

 

 

個人的に特に印象に残ったのはお金の箇所。

 

 

 

お金は罪悪感のない人の流れる。

 

 

 

頑張ってる人に流れるわけではなく、

価値を与えてるいる人に流れるものでもない。

人生を楽しんでいる人に流れる、というものでもない。

 

 

 

お金を貰うのに罪悪感のない人に流れる。

 

 

 

ピカソの実話を出して解説する部分が特に響いた!

 

 

ピカソと言えば、

奇抜な絵を描く奇才なアーティストっていうイメージだったんですが

どうやらピカソは作品を売ることにもとても長けていたそうです。

 

 

 

〜以下、本書から抜粋〜

 

 

「買ってくださいと言うな!」

むしろ、売ってあげるから、「損はさせないよ」というスタンスで話をしなさい。

 

 

晩年のピカソのお弟子さん曰く、

書き方よりも絵の売り方をお弟子さんに沢山教えていたそうです。

 

 

 

で、私が痺れたエピソードが↓こちら↓

 

 

あるレストランで食事をしていた時のこと。

 

 

ピカソを発見したボーイさんがピカソに向かい、

「あなたのファンです。

このナプキンの裏に何か書いてもらえませんか?」と聞きます。

 

 

そしたら、ピカソはボーイから受け取ったナプキンにサッと30秒ほどで絵を書きました。

 

 

ピカソは自分が書いた絵をボーイに差し出し、こう言いました。

 

 

「1万ドル(100万円)だ」

 

 

ボーイはすかさず、

「30秒で描いた絵にしては高くないですか?」と言います。

 

 

その時、ピカソは表情を変えずこう返した。

 

 

「違う。40年と30秒だ」(ドーン!!)

 

 

 

このピカソの言葉!

カッコ良すぎると思いませんか?

 

 

私はすっごく痺れた!!😍😍

 

 

 

同時に、自分の商品を心底愛してないと

言えないセリフだな、、と感じました。

「もっともっと、サービスにエネルギー込めていこう!」と

自然と気持ちが湧き上がった。

 

 

 

もっともっと自分の商品にエネルギーを込める。

安心してお金を受け取って行こう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-オススメの本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

現代美術家、辻一弘さんから学ぶ「夢を追いかけるのに必要なこと」

本を買うときの基準はいつも数ページめくった後の鳥肌。   最近買ったこの本、物凄く良かった!!!   ハリウッドで特殊メイクアップアーティストとして活躍された後、実在する人物の倍以 …

オススメの本『手紙屋』喜多川泰さん

今日は物凄くものすごく…!!オススメの本を紹介します。 喜多川 泰さんの『手紙屋』     兼ねてからブログを通じて交流のあった山ちゃんから先日お会いした際に頂いた本で …

「こうなりたい」という理想の自己像をつくる

最近、2社の選考に落ちた。   結構良い線いったと思ったので、結果にビックリしたけど、 不思議と心は落ち着いてた。   そもそも転職を決めたのは適性が合わない事務職から自分の才能を …

他者が認めることが個性じゃない

  本屋って 思いもよらぬ出会いがあって面白い。   こんな経験ありませんか?   お目当の本を見に行ったつもりが違う本を買う、ということ。 私はよくある。笑 &nbsp …

完璧より完了を目指す

最近読んだおすすめの本。     堀江貴文さんの新書、多動力。   堀江貴文さんと言えば自分の思ったことを発言し、日本では反感を買うことも多い方だけど、 相手にどう思われ …

Yoko Yamada



アメリカオクラホマ州帰りの英語講師。愛知県、愛西市内で幼児〜高校生を対象にした英会話教室を運営、指導しています。自分の可能性と世界を広げる英語教育の場を作るため奔走中。夢の実現に向けて実体験や気づきを発信しています。